会社のシンボルカラーを塗替えました!

kaisya.JPG
弊社はアストラムライン祇園新橋駅から徒歩1分。アストラム沿線にあります。
以前は祇園新道の側道に植樹されている緑と馴染むようにと・・・
目に優しい緑のツートン色でしたが、この度がらっと雰囲気を変える事に!
弊社の看板は、家が自分でリフォームしているマークなのをご存じでしょうか?(右手はハンマーを持ち、左手では壁塗りしています。)
まず1番に色を選ぶ条件としては、この看板が引き立つ色を選ばなければなりません。
となると・・・やっぱり赤系かと!
「真っ赤がいい!」と言う意見もありましたが、あえて少し控えめの茶色系に傾いた色を選んでみました。
個人的にはとても気に入っております。

色について少し書いてみようと思います。
この度、弊社の外壁塗装に使用しております塗料は樹脂性塗料です。ローラーで手塗り作業をしております。樹脂製の塗料といえば絵を描かれる方はご存じでしょうが、アクリル絵の具と同じような特徴を持っております。乾くと弾力性、防水効果もあり、また艶があります。
もともと、色を作り出す顔料は鉱物の加工品である天然無機顔料、植物や動物から採った不溶性を示す染料などが使われておりました。
そのころの顔料は色によっては退色が激しい色もありました。ヨーロッパの教会での壁画などを見ると色によって退色が異なることがよく解ると思います。そして顔料によっては発癌性もありました。昔の画家が若くして亡くなっているのはこの辺りに原因があったのかと・・・
現在は大半が石油工業によって成立する合成有機顔料となりました。退色も随分解消され、身体にも優しい顔料と変わってきています。
本当かどうか解りませんが、私が子供のころケチャップの赤色が外国にいる赤い虫が顔料と聞き一時期食べれなくなった事があります。
本当かどうかも今になっても調べたくない話しですが・・・

祇園新道を走行の際はぜひ化粧替えした弊社をご覧下さい。
また、お時間ございましたらコーヒーでもいかがでしょうか?ぜひ、お立寄り下さいませ。


「リフォームを贈ろう。」

4月25日(金)から主要テレビ局で放映されているテレビCMご覧になられましたか?
LIXILショールームフェア2014のキャーンペーンCMです。
4月25日(金)~2014年7月31日(木)キャンペーン期間中「夫から妻へ」「息子から母へ」「娘から父へ」など、様々な人生
の場面を想定し、大切な人へリフォームを贈ること通して、感謝の気持ちを伝えて頂くというコンセプトで製作されています。
その第1弾の「夫から妻へ キッチン編」が現在放映中です。

簡単に内容をご紹介しますと・・・
今年の結婚記念日は旅行でもなく、指輪でもなく、リフォームをプレゼント。嬉しそうにキッチンを見つめる夫婦。夫役の唐沢寿明さんは、普段はなかなかキッチンに立つことはないけど、このときばかりに手料理を振る舞おうと料理を始めます。手をかざすだけで吐水できる最新の水栓やスムーズに調理道具が取り出せる引出し収納の便利で新しい機能に、唐沢さんも大満足の様子です。苦労しながら料理している夫の姿に、最後は妻も一緒にキッチンに立ち、仲よく料理を楽しみます。

家族に日頃の感謝とこれからの「ありがとう」の気持ちをこめて・・・こんなシーンを創造すると、心がほっこり熱くなりますね。
なかなか思っていても口に出せない感謝の気持ちを形にしてみたら、いかがでしょうか?

感謝の気持ちを伝えるストーリのあるCM。今後の展開に注目です!


karasawa0424_02_01.jpg

2014年 春の薔薇

綺麗なものには棘がある・・・たくさん薔薇が咲く時期がやってきました。♪
今年の冬は剪定、寒肥など手をかけたお蔭か?沢山の蕾をつけ、毎朝 起きてお庭を眺めることが楽しみの1つとなっています。
しかし、今年は異常な程に黄金虫の発生が多く、せっかく咲いた花弁に頭を突っ込みムシャムシャ食べられてしまう有様。
ひどい事に1つの花に5匹もたかり、まだ開いていない花弁の中に侵入して食い荒らすのです。この時期は虫との闘いです。
このきれいな薔薇を守るため、日々努力するしかない。絶対負けられない闘いがここにあるのです。(笑)

マダム・エルンスト・ガルバ
系統はオールドローズで原産はフランスの薔薇です。
珍しい現象がおこったのでご紹介いたします。
ルドゥーテの描いたボタニカルアートに登場する形態の薔薇。(薔薇の花芯から小さな薔薇が出ている)
これはブルヘッド現象と呼ばれるものだそうです。
もともと花弁は葉が変化したもので肥料の窒素が過多の場合か気温の高低差が激しい場合に花弁が緑化しておこるとか。

写真は同じ株から咲いた花です。
1枚目が正常に咲いた花。2枚目がブルヘッド現象か?イソギンチャクがウニョウニョ顔を出しているようにも見えます・・・
咲き始めは虫が沢山寄生しているようで気味悪かった。
花は爽やかな甘い香りがします。虫さんが寄ってくるのは無理もないと思います。

bara2.JPG
bara.JPG

クイックビルド