お客様の作品展に行ってきました。

いつも当社にてリフォームのご用命頂く、T様紙粘土教室の作品展及び展示即売会に行って来ました。

毎年、年3回会場を変え同じような作品展を開催。私も趣味で長年おけいこ事をしており、作品展となれば、
徹夜作業も少なくありません。生徒はもちろんの事、先生となれば自分の作品、生徒の作品の指導または展示、
当日の当番など・・・年に3回なんてどれほど大変か?想像するとぞっとします。

 この時期の作品展は自宅でされるのですが、玄関ホールにてお客様を1番にお出迎えされるのは、先生作の
展示です。いつも物語の中の数場面を展示されます。この度のテーマは「浦島太郎」優しい表情のおと姫様、
ハンサムな太郎さんの表情が本当に素敵でした。海の中の様子、竜宮城、周りの景色など素晴らしい演出です。
 
わたしが即売で入手した作品は「スノーマンのクリスマスリース」表情がとってもかわいくて・・・目が合っちゃいました。
お人形に命がふき込んであるような・・・素敵な作品をご覧ください。


013.JPG
014.JPG
        ライトアップされて綺麗でした。サンゴやお魚、海藻も上手く表現されています。


015.JPG
       衣装やお道具も細かく作られています。皆さん美人です。


016.JPG
       太郎さんが亀にまたがる姿をリアルに再現されています。



003.JPG
                         これが目が合って購入した「スノーマン」。
                         とっても可愛いです。

ガーデンファニチャー

陽だまりのあたたかさ。空の下のリビングで過ごすくつろぎのひと時。
お気に入りのお庭のお手入れの途中で休んだり、大好きな家族やお友達とお茶を飲んで会話を楽しんだり、時には読書をして一人の時間を楽しんだり。そんな素敵なシーンを創造されるお客様のご要望でオシャレなガーデンファニチャーを設置致しました。
緑に囲まれたお庭の中にひと際目立つビビットオレンジ色のマーケットパラソル。ヨーロッパでは街角に立つマーケットで日除けとして活躍し、人々に親しまれてきたパラソルです。日本では日差しから人々を守り、快適な空間を提供するガーデンには必須アイテムとなっています。また、テーブルは天然石を手作業でモザイク模様に仕上げたテーブルトップとクラシカルな曲線を持つアイアンのコンビネーション。大地の素材ならではの存在感でお庭を表情豊かに彩っています。楽しい笑い声が聞こえてきそうです。

004.JPG

VESTA 鋳物製灯油ストーブ

123.JPG
総和工業(株)さんの鋳物製、灯油ストーブです。今から6年ぐらい前になりますでしょうか?当社にて取付しました鋳物製灯油ストーブです。光熱費の安いアメリカでは寒い冬の時期は1日中、暖炉やセントラルヒーターなど室内ならどこにいても同じ温度で過ごせ快適です。施主様、お仕事で幾度か渡米される機会がありまして、室内にてゆらゆら揺れる炎に魅力をもたれていらっしゃいました。近年のアメリカの暖炉は槇をくべるのではなく、ガスが燃料で速攻性のある暖かさがあります。しかし、日本ではガスは光熱費としては高く灯油が燃料のストーブを探しておりました。槇やペレットストーブももちろん選択肢にはありましたが、煙突掃除や庫内の清掃など高齢になってからの自分で行うメンテナンスの事も考えるとやはり灯油となった訳です。このVESTAストーブなんと言っても見た目が素敵なんです!北欧家具調の猫足。正面の窓から炎がゆらゆら~。そして取っ手などアクセントになるゴールドの部分は真鍮製。そして槇ストーブと同じ赤外線ストーブなのです。総和工業さんは埼玉にある会社なんですが、年に1度オフシーズンにご依頼あれば部品の交換や修理などで地域を訪問して下さいます。この度は初めてのオーバーホール。こうして何年かに一度メーカーさんに見て頂けると本当に安心ですよね!遠方のためなかなかお会いできなかった古市係長さん。素敵な方でした。有難うございました。

クイックビルド