移りゆく景色

今春は「三寒四温」「菜種梅雨」と言う言葉の通り 天候、気温が不安定な日々が続いています。
季節の変わり目で体調を崩しやすいこの頃ですが・・・いかがお過ごしですか?

当社はアストラムライン沿線にあります。沿線には所々桜が植樹されており、
毎年この時期を楽しみにしております。
本当に見事ですね~ うっとりしてしまいます。
しかし、今年は雨が多く、残念ながら・・・あっと言う間に散ってしまいました。


IMG_1637.JPG

IMG_1639.JPG
また、来年の開花を楽しみに・・・


002.JPG
今は皐月が見事です。
ぜひ、お近くにお越しの際は、当社にお立ち寄り下さいませ。
美味しいコーヒーにておもてなしをさせて頂きます。

省エネ住宅ポイント制度がスタート


省エネ住宅に関する「省エネ住宅ポイント制度」は、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。対象となる建築着工、工事着手の期日は平成26年12月27日(閣議決定日)~平成28年3月31日(平成27年2月3日以降(予算成立日以降)に工事完了するものであって、別途定める期間内に完了報告が可能なものを対象としています。
エコリフォームについて一部、紹介させて頂きますと・・・この度の制度は以前の制度と少し内容が異なっております。以前まではあくまでも窓の断熱改修を行うことが性能要件でしたが、この度は 1.窓の断熱改修 2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修 3.設備エコ改修 このリフォーム工事の内、1つ以上を実施することで区分毎に、ポイントが発行される仕組みと変わりました。

この3つの中で近年1番需要のある「内窓」についてご紹介致します。

家の中で熱の出入りが最も大きいのは「」ってご存知ですか?今ある窓の内側に樹脂製の窓をプラスするだけで断熱・遮熱効果、結露軽減、防音効果があり、快適な生活空間を作ることが可能なのです。工事は事前に寸法を測り窓にあったものを取付するだけのスピード施工。短時間で終わります。



IMG_1480.JPG
在来のサッシの室内側の窓枠に樹脂性の内窓を取付します。サッシの隙間から入ってくる隙間風をシャットアウト!在来のサッシと内窓の間に生まれる新しい空気層ができ、室外と室内をしっかり隔てる構造に・・・外気温の影響が受けにくく、結露の発生を抑えます。




IMG_1483.JPG
在来のサッシと同じアルミ色はもちろんの事、木目もラインナップ! マット仕上げで光沢を抑え、高級感あふれる仕上がり。お部屋のイメージアップにもつながります。



IMG_1482.JPG
和室には組子付紙調ガラスの内窓もあります。障子の貼替が必要ありません。内窓にはクレセント(錠)があり2枚窓になるため、防犯でも効果は高いです。

これまでに取付されたお客様から「喜びの声」を沢山いただいております。
先ずは、一番長く過ごされるお部屋 一部屋から取付されてみてはいかがでしょうか?
この度のポイントは新築、リフォーム共に対象で新築になるとかなりのポイントが発生しますので対象期間内より早く締切られる可能性が非常に高いと言われております。予算無くなり次第、締切となりますのでご検討されていらっしゃる方は早めの決断、工事がお勧めです。

2015年 幕開け

新年あけましておめでとうございます。

毎年ながら年末はメンテナンスが多く、(トイレの詰まり、水漏れなど)あっと言う間の年越しと
なってしまいました。大掃除をするため、日頃の生活では気づかないお住まいの異変を発見できる
よい機会なのも知れませんが、年末となると商品も動かず、応急処置に追われます。

今年はどんな年になるのでしょうか?
受け身ではなく、自ら切り開いていかなければならない時代になっていますね。
社員一同、お客様のニーズにお応えできるご提案、施工を目指し邁進して参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

Nenga2015.JPG

クイックビルド