2014年 春の薔薇

綺麗なものには棘がある・・・たくさん薔薇が咲く時期がやってきました。♪
今年の冬は剪定、寒肥など手をかけたお蔭か?沢山の蕾をつけ、毎朝 起きてお庭を眺めることが楽しみの1つとなっています。
しかし、今年は異常な程に黄金虫の発生が多く、せっかく咲いた花弁に頭を突っ込みムシャムシャ食べられてしまう有様。
ひどい事に1つの花に5匹もたかり、まだ開いていない花弁の中に侵入して食い荒らすのです。この時期は虫との闘いです。
このきれいな薔薇を守るため、日々努力するしかない。絶対負けられない闘いがここにあるのです。(笑)

マダム・エルンスト・ガルバ
系統はオールドローズで原産はフランスの薔薇です。
珍しい現象がおこったのでご紹介いたします。
ルドゥーテの描いたボタニカルアートに登場する形態の薔薇。(薔薇の花芯から小さな薔薇が出ている)
これはブルヘッド現象と呼ばれるものだそうです。
もともと花弁は葉が変化したもので肥料の窒素が過多の場合か気温の高低差が激しい場合に花弁が緑化しておこるとか。

写真は同じ株から咲いた花です。
1枚目が正常に咲いた花。2枚目がブルヘッド現象か?イソギンチャクがウニョウニョ顔を出しているようにも見えます・・・
咲き始めは虫が沢山寄生しているようで気味悪かった。
花は爽やかな甘い香りがします。虫さんが寄ってくるのは無理もないと思います。

bara2.JPG
bara.JPG

介護保険の居宅介護住宅改修費支給の申請について

現代は高齢化、少子化が進み、核家族が進んでいます。最近 お問い合わせの多い、介護保険の住宅改修費支給制度。要介護(支援)生活を支援するための住宅改修について少し触れてみようと思います。

介護保険制度では、要介護(支援)者の居宅での生活を支援するため、申請により住宅改修費用20万円までの9割が保険から給付されます。(工事着工前の事前申請が必要です。)
対象となる改修の種類は、おおまかに 1、手すりの取付。 2、段差の解消。 3、床または通路面の材料の変更。 4、扉の取替え。(ドアから引き戸取替えなど) 5、便器の取替え(和式便器から洋式便器への取替え)です。

対象条件は、被保険者が実際に居住する住宅である、身体の状況、住宅の状況により必要と認められる改修であること。

また、介護保険の住宅改修費支給制度を補完するものとして、高齢者が居住する住宅の改造費用の一部(介護保険制度20万円を含み上限額80万円をー部補助する制度があります。
介護保険の住宅改修費支給制度、高齢者住宅改造費補助制度についてはそれぞれ制約、条件があります。高齢者住宅改造費補助制度については所得要件等の要件あります。詳しくはお問い合わせ下さい。

上記工事については、在宅介護にて、被保険者の自立支援になること、介護者の負担軽減になることが必須です。

これからは、元気で長生きできるように・・・自分自身が気を付けて快適な生活を心がけていかなければなりませんね。


122.JPG

平成26年幕開け

明けましておめでとうございます。

 

平成26年幕開けしました。

春には消費税の増税も決まり・・・

今年はどんな年になるのでしょうか?

お客様の満足されるお顔を拝見できるように・・・

スタッフ一同、努力致します。

本年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

クイックビルド